グル・アミール(アミール・ティムール廟)(サマルカンド)

グル・アミールはティムール帝国を築いたアミール・ティムールとその家族の霊廟。
そもそもは1403年に戦死した孫のために作ったそうだが、1405年にティムールも遠征中に亡くなり、ここに埋葬された。

まず入り口の門の装飾から圧倒される。
Samarkand - P1130240.jpg

上部のこの凹凸が織りなす立体的な幾何学模様がたまらない!(ムカルナスというらしい。)
どうやってデザインしてどうやって作り上げるのだろう?
Samarkand - P1130242-1.jpg

門をくぐると中庭があり、メインの建物へと続く。
Samarkand - P1130245.jpg

Samarkand - P1130254.jpg

Samarkand - P1130244.jpg

Samarkand - P1130255.jpg

狭い入り口から霊廟の中に入る。
Samarkand - P1130265.jpg

Samarkand - P1130278.jpg

3kgの黄金が使われているそうだが、天井まで金色。
Samarkand - P1130267.jpg

Samarkand - P1130268.jpg

Samarkand - P1130282.jpg

壁の模様もすごい。
Samarkand - P1130272.jpg

淡い金色と青のコントラスト、そして細かい装飾に圧倒される。
Samarkand - P1130279.jpg

Samarkand - P1130296.jpg

お祈りをする人々。
Samarkand - P1130294.jpg

かっこいい女性警官。観光エリアには背中にTourist Policeと書いてある警官がいて、安心。Samarkand - P1130300.jpg

Samarkand - P1130297.jpg

左の係員が親切に「ここでしゃがんで撮ると門とドームがぴったりはまるよ!」と教えてくれたのだが、移動はしてくれないのだった。
Samarkand - P1130307.jpg

この門からは入場券が必要、手前にチケット売り場がある。左側にはトイレもあった。

 

翌日の夜に見に行ってみたらこんな感じにライトアップされていた。(中には入れない。)
Samarkand - P1130799.jpgSamarkand - P1130803.jpg

 

2019 ウズベキスタン 2日目(サマルカンド)へ戻る。

2019 ウズベキスタン 3日目(サマルカンド)へ戻る。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です