2019 ウズベキスタン 4日目(サマルカンド〜ブハラ)

4日目

10:00
朝食、荷物の整理を終え、ホテルの近所を散策。
Samarkand - P1130830.jpg

レストラン前の歩道で炭火でプロフを作っているおじさんがいたので、写真を撮らせてもらう。
Samarkand - P1130834.jpg

Google MapでCentral Parkと記されていた公園。
よく整備されていてゴミも落ちていないし、たくさんの花が植えられている。
Samarkand - P1130835.jpg

この公園でも「サマルカンドはどうですか?」と現地の青年に話しかけられたが、今回の旅ではたくさんの人に声をかけられた

異国、特に所得が高くない国で突然話しかけられると「良い絨毯屋があるから行こう」「案内するよ(有料で)」等に繋がることが多いのでどうしても身構えてしまうが、ここの人は国・町の印象や食べ物の感想を訊いて「良い旅を!」と去って行く。

この青年も「大学で心理学を勉強しています」と言って去って行った。
Samarkand - P1130841.jpg
Samarkand - P1130836.jpg

11:40
ホテルでピックアップ、10分ほどでサマルカンド駅に到着。
お土産屋やレストランがあった。ATMもあったが、VISA・Master等のマークがなく使えず。
Samarkand - P1130849.jpg

12:44
サマルカンド発。珍しく2人用の個室だった。
Samarkand - P1130854.jpg

左が4人用、右が2人用。
Samarkand - P1130856.jpg

エアコンが効かず車内が暑すぎて乗務員に聞いてみると、「ちょっと待ってね」と言って去って数分後、冷たい風が出てきたではないか。エアコン入れ忘れ?しばらくして駅で止まるとまたエアコンが止まってしまった。

砂漠のような景色が多かったが、途中で湖が見えた。
Samarkand - P1130873.jpg

15:09
ブハラ着
Bukhara - P1130878.jpg

駅前にあったSIM販売のブース。ブハラは旧市街でもこのようなブースがあった。
Bukhara - P1130879.jpg

15:30
20分ほどでホテル着。
Bukhara - P1130885.jpg

どうやら完成したばかりのホテルのようだった。
Bukhara - P1130881.jpg
Bukhara - P1130883.jpg

部屋の前にあった陶器の飾りがかわいい。ナンとザクロかな?
Bukhara - P1130896.jpg

17:00
一休みして散策へ。
ブハラの旧市街の多くは車の乗り入れが禁止されているようで、とても歩きやすい。
Bukhara - P1130915.jpg
Bukhara - P1130911.jpg
Bukhara - P1130906.jpg
Bukhara - P1130922.jpg
Bukhara - P1130925.jpg
Bukhara - P1130982.jpg
Bukhara - P1130932.jpg
Bukhara - P1130935.jpg

タキというバザール街の屋根部分がボコボコしていてかわいい。
Bukhara - P1130954.jpg

アブドゥルアジス・ハン・メドレセ
入り口のムカルナス が建物の左側のタイルがないのはなぜだろう?
Bukhara - P1130943.jpg

ムカルナス部分に赤や黄色が入っていたり、小窓部分にも小さなムカルナス が入っている。凝ってるな〜。
Bukhara - P1130943-1.jpg

中はお土産屋さんが多い。
Bukhara - P1130951.jpg

正面向かいのウルグベク・メドレセ。1418年にウルグベクによって作られた作られた中央アジア最古のメドレセ。
中には入れなかった。
Bukhara - P1130946.jpg

カラーン・モスクとカラーン・ミナレット。
Bukhara - P1130959.jpg

カラーン・ミナレットは1127年に建てられた。
ブハラは13世紀にチンギス・ハーンにより破壊され廃墟となったが、ミナレットは壊されなかったそうだ。
Bukhara - P1130972.jpg

カラーン・モスクは約400年後の1514年に建てられたそうだが、とても一体感がある。
中は翌日に見学する。
Bukhara - P1130961.jpg

その向かいにミル・アラブ・メドレセ。1536年建造。今でも神学校として使われており、中には入れなかった。Bukhara - P1130962.jpg

その他のカラーン・ミナレットとカラーン・モスクの写真は別ページで ⇒カラーン・ミナレットとカラーン・モスク(ブハラ)

 

18:00
いったんホテルに戻り、休憩。

20:00
暗くなったので夜景を見に出かける。
Bukhara - P1130998.jpg

さっそく夜のカラーン・ミナレットを見に来た!
Bukhara - P1140005.jpg

陰影がすごい!
ガイドブックによると、レンガを異なる積み方で積むことで模様を出しているそうだ。
Bukhara - P1140009.jpg

広場の向かいに、ミナレットが眺めの良さそうなレストランがあった。
Bukhara - P1140013.jpg

その他のカラーン・ミナレットとカラーン・モスクの写真は別ページで ⇒カラーン・ミナレットとカラーン・モスク(ブハラ)

 

20:30
ラビハウズ周辺に戻り、夕食。
ハウズとは池のことらしい。
Bukhara - P1140027.jpg

外は満席で中に通されたが、外は既に日本人には肌寒い気温。
Bukhara - P1140020.jpg

サラダやボルシチなどをオーダー。
Bukhara - P1140023.jpg
Bukhara - P1140025.jpg

21:30
ホテルに戻る前にラビハウズ 周辺を散策。

ナディール・ディヴァンベギ・メドレセの鳳凰と顔のある太陽。
人面太陽はサマルカンドのレギスタン広場シェルドル・メドレセ(1636年に完成)にも描かれていたが、1622年に建てられたこちらの方が早いということか。
Bukhara - P1140030.jpg

中はお土産屋とカフェ・レストラン。
Bukhara - P1140031.jpg

鳥の刺繍がかわいかった。
Bukhara - P1140032.jpg

ATMを発見したのでキャッシングしてみる。
Bukhara - P1140038.jpg

ちゃんと英語表記を選択でき、約5千円分ほどおろす。
レシートを見ると、ドル表記が$5,000ほどになっていてびびる。(後日カード会社の明細を確認すると、約5千円で問題なかった。)
Bukhara - P1140037.jpg

MasterよりVISAのが多かった。
Bukhara - P1140040.jpg

22:00
ホテルに戻る。

 

5日目に続きます。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です