2019 ベトナム中部 1日目(ホイアン)

ゴールデンウィークにベトナムへ行ってきた。

ベトナムを訪れるのは3回目。
1回目は19年前(!)に1人でホーチミンからハノイまで3週間かけてバスで縦断、2回目は母のリクエストでホーチミンで女子的な旅。

今回はちょうど中部が乾季なので、中部のホイアン ・ダナン・フエを観光することに決めた。

航空チケットはGWが10連休となることが閣議決定で確定する前の10月に押さえた。それでも直行便は既に高くて、大韓航空のソウル経由の便にした。

 

1日目

00:10
羽田空港へ到着。
江戸小路のレストランの前のベンチで寝ている人がちらほら。
Hoi_An - P1110022.jpg

02:00
羽田空港発。
仁川経由の大韓航空。ウトウトしかけたら食事が出てきた。深夜便の食事は不要だと思うのだが…。

04:35
仁川国際空港着。ここで6時間半ほど過ごさなければならない。
2018年のオープンした第2ターミナル、新しくて気分が良い。
Hoi_An - P1110047.jpg

事前に調べていたNap Zoneという横になれるイスがある場所へ向かうが、
Hoi_An - P1110043.jpg

あいにくの満席。ラウンジも7時まで開かないので、近くのラウンジチェアで仮眠。
Hoi_An - P1110041.jpg

 

07:30
NAP Zoneの横にあるLOUNGE L へプライオリティーパス で入ってみる。
Hoi_An - P1110042.jpg

食欲はないが暇なので少し食べる。帰りに寄ったMatinaラウンジよりもこじんまり。
Hoi_An - P1110039.jpg

この後、NAP Zoneのチェアが空いたので、2時間ほど爆睡。
羽田にも、寝る場所を作ってあげればいいのに。

子供の遊び場などもよく出来ていて、本当に良い空港だと思う。
Hoi_An - P1110048.jpg

 

11:05
仁川発

13:50
5時間弱でダナン着。時差は2時間。

空港を出て左側にATMコーナーがある、とネットで調べていたのだが、見つからず。両替屋で少額を両替。
(建物の外を探してしまったが、建物内にあったようだ。)

 

14:45
ここから隣町のホイアンまで直接タクシーで行くプラン。

Amazonで買っておいたSIMカードのアクティベートに成功、Grabでタクシーを呼ぼうとしたが、前回フィリピンで使用したときの情報が消えていて、登録に手間取る。

手間取っている間にタクシーの客引きが寄ってくる。私がGrabで呼ぶというと、「Grabと同じ料金でどう?」と客引きのスマホで調べたホイアンまでの料金600,000VND(3,000円弱)を見せられる。

事前にネットで調べていた情報だと2,000円くらいなのにおかしいな〜?値上がりしたのかな?と思いながら、ようやく設定が終わった自分のスマホのGrabで検索すると、401,000VND( 2,000円弱)と出るではないか。客引きはGrabのマップの現在地を遠くにずらしてから検索していたのだろう、バレたら舌打ちして逃げていった。

結局Grabで見つかったドライバーとホイアンへ。

今回の旅行ではタクシーはすべてGrabで捕まえたが、クレジットカード決済で本当に便利。

 

15:30
リバー スイーツ ホイ アン ホテル に到着。こちらで2泊する。
Hoi_An - P1110069.jpg
Hoi_An - P1110065.jpg

こちらのホテル、旧市街にもナイトマーケットにも近く、川沿い、しかもリーズナブル。
スタッフも親切だった。

部屋から見えるのは隣のホテルのプール。
Hoi_An - P1110066.jpg

 

17:30
シャワーを浴びて一休みし、日が沈む前に散策へ!
ホイアン は旧市街が丸ごと世界遺産。
Hoi_An - P1110074.jpg

旧市街の川沿いには屋台がたくさん。
Hoi_An - P1110080.jpg

来遠橋(日本橋)。朱印状貿易でこの地に住んでいた日本人が16世紀に橋をかけたそうだ。
Hoi_An - P1110084.jpg
Hoi_An - P1110092.jpg

18:00
疲れているので早めの夕食。

まだ土地勘がないので、地元の名物をまとめて食べられるリーズナブルなレストラン、とネットで紹介されていたレストランに入ったら、どんどん日本人のお客さんで埋まってくるではないか…。
Hoi_An - P1110096.jpg

ホワイトローズという米粉で作られた生地の上に、海老のすり身やフライドオニオンが乗った料理。
Hoi_An - P1110098.jpg

カウラウという麺料理は伊勢うどんがルーツと複数のサイトで見かけたが、ちゃんとコシもあって、正直やわやわな伊勢うどんより美味しい。
Hoi_An - P1110099.jpg

名前は忘れたが、豚バラの料理。日本人が好きな味。
Hoi_An - P1110100.jpg

 

19:00
お腹がいっぱいになったので、旧市街を散策。

現地の人々はこんなかんじの屋台で食べていた。
私も昔は屋台で食べていたが、ダンナがお腹が弱いため、今回はあまり利用しなかった。
Hoi_An - P1110140.jpg

旧市街はこんなかんじの道がずーっと続く。
19年前はランタンを売る店がちらほらあるくらいで、人もこんなにいなかったはず。すごいな〜。
Hoi_An - P1110127.jpg

ホイアンといえば、満月の夜のランタン祭りが有名。
今回は満月の夜ではなかったけれど、お店や通りにランタンが常設されているので、ランタン祭りに合わせて訪れなくても楽しめる。Hoi_An - P1110122.jpg
Hoi_An - P1110121.jpg
Hoi_An - P1110120.jpg
Hoi_An - P1110135.jpg

観光客向けの屋台もちらほら。
Hoi_An - P1110130.jpg

マンゴー、時期にもよるとは思うが、近年フィリピンやタイなど東南アジアで食べたマンゴーの中で、ベトナム で食べたマンゴーがいちばん濃厚で美味しかった。
Hoi_An - P1110134.jpg

こちらはチェーの屋台。ぜんざいやあんみつのようなデザート。美味しい。
Hoi_An - P1110178.jpg

19:30
川沿いに戻ってくると、ランタンが飾られたボートがたくさん浮いている。
Hoi_An - P1110207.jpg

きれいだな〜と見ていると客引きのおじさんに声をかけられ、2人で乗って150,000VND(約700円)、思ったより安かったので値切らずそのまま乗ってみた。
Hoi_An - P1110179.jpg

昼間は暑いが、夜の水上は風が気持ち良い。
Hoi_An - P1110181.jpg

灯篭を流すよう言われる。ゴミになるのが気になったが、流す。
Hoi_An - P1110185.jpg
Hoi_An - P1110192.jpg

乗ったのは旧市街の東側の民族博物館前あたりで、そこから西側のアンホイ橋(下の黄色く光る橋)が折り返し地点だった。

暗闇に浮かぶ灯篭の光が美しい。
Hoi_An - P1110238.jpg

私が乗った地点のボートはランタンがぶら下がっている大きめの船ばかりだったが、アンホイ橋周辺のボートは小ぶりでランタンが付いていないタイプが多かった。
Hoi_An - P1110194.jpg

乗る前に所要時間を聞き忘れたが、降りたら40分以上経っていた。
Hoi_An - P1110247.jpg

アンホイ橋を渡り、中洲のアンホイ島へ。こちらも観光客でいっぱい。
Hoi_An - P1110244.jpg

20:30
何軒か値段を聞いて、こちらのマッサージ屋で1時間のボディーマッサージを受ける。2人で400,000VND(2,000円弱)。

チップを多めに渡したくらい良かったが、結局この日のマッサージがいちばん良かった!
ベトナム の物価は安いのに、マッサージの相場はタイやフィリピンより高めかも。
Hoi_An - P1110250.jpg

21:30
ナイトマーケットをうろつく。まだまだたくさんの人がいる。
Hoi_An - P1110253.jpg
Hoi_An - P1110251.jpg
Hoi_An - P1110257.jpg

焼いたカエルが気になった。
Hoi_An - P1110254.jpg

ココナツのお菓子、大判焼きのように上下を合体させて食べる。
Hoi_An - P1110256.jpg

22:20
ホテル近くの韓国系コンビニへ寄って、ホテルへ戻る。

 

2日目に続きます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です