2019-2020 台湾 4日目(高雄〜台南)

4日目

今日は高雄から台南へ移動する日。

09:00
朝食

10:30
パッキングしてひとり向かったのはここ、エビの釣り堀
Kaohsiung - P1160709

受付で150元(1時間)支払い、おろおろしていると、店員さんらしき渋いおじさんが釣竿やエサの用意をしてくれた。
Kaohsiung - P1160711

エサはこれ(何かの臓物??)をカッターで切って使う。
おじさんが浮きの調整をしてくれ、浮きが沈んだら素早く引き上げるようジェスチャーで言われる。Kaohsiung - P1160710

まわりの常連さんはどんどん釣り上げるが、私とその他初心者っぽい人は全然釣れない。やっぱり技術は必要なのかと思ったら、1匹目が釣れた!

エビが暴れて針を外せずバタバタしていたら、またおじさんと近くの常連さんがなんとかしてくれた。Kaohsiung - P1160712

しばらくすると、2匹目も釣れてしまう。

エビは焼いて食べるか持ち帰れるのだが、1人でそんなに食べられないので、ここで止めることにする。

エビくらい捕まえて針を外せるだろうと思っていたが、テナガエビは手が長くてハサミがあるので暴れると恐かった。借りたおしぼりで手をバンザイの状態から「気をつけ」の状態に押さえ込んで持てばいいのだが、けっこう難しい。
Kaohsiung - P1160715

おじさんが串に刺して焼いてくれる。(本来はセルフサービスなんだと思う。)おじさん、ありがとうございました!
Kaohsiung - P1160716

11:20
エビを焼くのに思ったより時間がかかり、早めに止めてよかった〜。
Kaohsiung - P1160721

ちなみに、ダンナが一緒に来なかったのは、釣りに興味がないことと、生きたエビを焼くのが恐いから。

急いで食べてホテルに戻り、チェックアウトを済ませてくれたダンナと合流し、高雄駅へ。

 

12:06
新幹線ではなく台湾鉄道(ローカル線)で台南へ移動する。約35分。
Kaohsiung - P1160723

昨日駅でチケットを買っておいたが、中はガラガラだった。
Tainan - P1160725

12:41
35分程で台南駅着。
タクシーでホテルへ向かう。

まだ部屋の準備ができないので荷物を預けて散策へ。正興街は小さなカフェやスイーツのお店が密集。
Tainan - P1160752Tainan - P1160758

國華街ではストリートフードを食べ歩く人でいっぱいだが、スクーターの往来も多くてカオス。昼も夜も混んでいた。
Tainan - P1160762Tainan - P1160775

疲れたので座って休憩。
Tainan - P1160766  Tainan - P1160771

神農街は古い建物をリノベしたカフェなどが並ぶ通り。写真撮影の人が多かった。
Tainan - P1160779Tainan - P1160787

信義街。雰囲気はいいがわざわざ行くほどでもない通り。
Tainan - P1160798

こういった街歩きのルートはダンナが決めている。歩いたルートも全部記憶しているので、振り返りに便利…。

 

15:30
ホテルに戻る。
シルクプレイス台南は隣に新光三越があって、何かと便利なホテル。日本人スタッフもいる。チェックイン時にいただいた冬瓜茶が美味しかった。
Tainan - P1160727
Tainan - P1160728

シンプルで落ち着いていて好みのインテリア。1部屋1万円ちょっとで泊まれるのは嬉しい。おすすめ。Tainan - P1160803Tainan - P1160813

バスタブとシャワーブース、トイレ。部屋と廊下部分は引き戸で閉められるようになっている。Tainan - P1160804

水やネスプレッソ、冷蔵庫のドリンクは無料。
Tainan - P1160808

余計なものが入っていなくから、自分で買ったものも冷やせて嬉しい。
Tainan - P1160809

フェイスマスクもあった。
Tainan - P1160806

エレベーターに乗ったら、先客のロボットがいた。
Tainan - P1160801

台鐵台南駅からタクシーで140元(約500円)くらいだった。

 

17:15
散策へ。台南地方法院は日本統治時代の建築物。
Tainan - P1160819

その向かいにある台南市美術館2館。2019年1月に完成したばかり。
Tainan - P1160820

小腹が空いたので、美術館の向かいの福記肉圓へ。
Tainan - P1160822

もちもちした生地の中にひき肉が入っている。付いてくるスープも美味しい。45元(約165円)。
Tainan - P1160821

17:30
林百貨。1932年にオープンした日本統治時代のデパートで、一時は空きビルだったが、2013年に修復され商業施設として使われている。
Tainan - P1160829

たまたま手にした『台湾物語: 「麗しの島」の過去・現在・未来』という本によると、日本の敗戦後は接収されて様々な用途で使われていたが、徐々に荒れ、後には人が住み着き2005年まで住んでいたとのこと。著者の新井氏が訪れた2009年末には

割れたままのガラス窓から雨風が吹き込み、立ち入ると危険なため、一階部分には木材で柵が設けられていた。

(引用元:新井 一二三 『台湾物語: 「麗しの島」の過去・現在・未来 』筑摩選書 2019/4/15  p.117)

そうだ。

その状態から3年がかりで修復したというから、すごい。今はお洒落なメイド・イン・台湾の雑貨や食品が並ぶ。
Tainan - P1160832 Tainan - P1160844

屋上もノスタルジック。
Tainan - P1160833Tainan - P1160838

赤い提灯が印象的。
Tainan - P1160840
Tainan - P1160851 Tainan - P1160848

18:00
台南で有名な、度小月擔仔麵 に入る。
林百貨の近く原始店本舖に行ったら待っている人がたくさんいたので、道を戻り林百貨を通り過ぎたところにある中正旗艦店に行ったらすぐ入れた。
Tainan - P1160854

こちらが台南名物の担仔麺(タンツーメン)。太麺と春雨のような麺を頼む。店に入ってすぐ右にある上の写真の場所で、おにいさんが作ってくれる。
Tainan - P1160859

小ぶりの牡蠣のフライ。衣がカリカリで美味しい。牡蠣があまり好きではないダンナも食べていた。Tainan - P1160864

牛肉の炒め物。
Tainan - P1160860

睡蓮茎の炒め物。睡蓮茎はこちらの記事によると高雄でしか栽培されていない沼地に生える草だそうで、初めて食べるがシャキシャキ歯ごたえがあって美味しい。空芯菜が好きな人におすすめ。毎日食べたい。
Tainan - P1160857

700元(約2550円)くらいだった。

 

台南はグルメの街だそうだが、どっちの方角を見ても食べてる人がいるくらい、みんな食べている。Tainan - P1160881 Tainan - P1160877

寿司の屋台。江戸時代は寿司はストリートフードだったんだよな。
Tainan - P1160875

食後のデザートを食べる。
Tainan - P1160872

新光三越の地下のフードコート。こちらも美味しそうな食べ物がたくさん。大混雑!
Tainan - P1160884

20:00
ホテルに戻り、紅白歌合戦を観る。たぶん真面目に観るのは20年ぶり。
Tainan - P1160896

23時に日本は年が明けるので、いったん乾杯!

23:50
美術館前でカウントダウンイベントをやっているので、様子を見に行く。
Tainan - P1160897

奥のステージで何かやっているのだが、よくわからないまま2020年を迎える。
Tainan - P1160905

 

5日目に続きます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です