九份への行き方と楽しみ方(時間がない人向け)

九份に行ってきた。

九份は19世紀末に金の採掘が開始され、最盛期には「小上海」「小香港」と呼ばれるほどの繁栄ぶりだったそう。その後1971年に金鉱が閉鎖され、廃れて行ったが、1989年にニ・ニ八事件映画を題材にした映画『悲情城市』のロケ地となったことで再び脚光を浴びるようになったそう。

今回の旅では台北にいる時間が少ないこと、また夜の九份から帰るバス・電車が混む、さらに週末はもっと混む、という話を聞いていったん諦めたのだが、往復送迎バスを使えば帰りも座れてトータル4時間半で戻ってこれるプランが立てられてので、急遽行くことにした。

 

kkdayで予約したのは以下2つのプラン:

  1. 台北 – 九份 往復送迎バス乗車チケット:午後出発・日帰り観光に便利!
    MRT西門駅から九份までの送迎だけのチケット(予約時のレートで1,745円)
  2. 【台湾・九份】眺望が自慢の茶芸館・海悦楼茶坊:東方美人茶+お茶菓子セット
    九份でいちばん有名な建物、阿妹茶酒館を見渡せる茶芸館でのお茶セット(予約時のレートで1,450円)

 

15:30
MRT西門駅 5番出口をすぐ出たところが集合場所。紙を持った男性たちが立っていてすぐわかった。

バウチャーと名前を確認し、9人乗りワゴン車に案内され、出発!
運転手さんは日本語はできなさそうだが、質問すると翻訳アプリなどを駆使して解決してくれる。

 

16:05
黄金の滝で小休憩。
Taipei - P1170586

16:35
さらに坂を登り、九份の駐車場に到着。九份って階段のイメージしか無かったが、こんなに海の景色が美しいとは。
Taipei - P1170591

駐車場から見た九份の傾斜のある街。
Taipei - P1170595

竪崎路という細い階段の道を登っていく。
Taipei - P1170603

両側はお店が多いので、手すりがある箇所はほとんどなく、お年寄りは下るのが辛そうだった。
Taipei - P1170599
Taipei - P1170605

16:50
提灯が美しい。混んではいるが、まだこの時間帯は普通に歩けた。
Taipei - P1170616
Taipei - P1170617

17:00
kkday で予約していた海悦楼茶坊へ。

九份といえばこちらの阿妹茶酒館が有名。「千と千尋の神隠し」の油屋のモデル?と言われている建物。この景色を楽しむために、あえて向かいの海悦楼茶坊を予約した。
Taipei - P1170620

入り口にロープが張られていて、予約した人だけ通しているようだった。予約して大正解!

あいにくテラスが満席だったので、奥の席へ。海の景色が素晴らしい。
Taipei - P1170621

3Fのテラスからの景色。阿妹茶酒館がよく見える!
Taipei - P1170623

お茶のセットが運ばれてくる。茶葉は東方美人。ドライグアバと竹炭ピーナッツ、そして茶梅が付いてくる。どれも美味しい。Taipei - P1170625

足元にはお湯を沸かす火鉢。
Taipei - P1170626

最初に店員さんがお茶の淹れ方を教えてくれる。
Taipei - P1170627 Taipei - P1170628

美味しい。甘い梅がお茶に合いすぎる。景色も良いし、最高。
Taipei - P1170629

2煎目からは自分で。楽しい。余った茶葉は持ち帰れる。
Taipei - P1170630

3Fは団体さんが去った後で、お皿が残ったままだった。写真の奥がテラスになる。
Taipei - P1170631

お店の入り口はこの電信柱のあたり。写真を撮るひとでごった返している。
Taipei - P1170633

阿妹茶酒館の入り口にも行列ができていた。こちらもkkdayで予約できるので、予約した方が良さそう。
Taipei - P1170632

17:25
だいぶ薄暗くなってきた。この日の日の入りは17:18。
Taipei - P1170648

お茶を飲みながら暗くなるのを待つ優雅な時間。
Taipei - P1170651 Taipei - P1170653

17:30
マジックアワーのこの美しさ。
Taipei - P1170659

この日は気温が下がり風も強かったため、テラスはかなり寒かった。冬は室内の方が良いのかも。Taipei - P1170658

外が暗くなったので、阿妹茶酒館のお客さんがよく見える。
阿妹茶酒館もkkdayで予約可能。阿妹茶酒館の方がインテリアも素敵らしいので、どちらに入るかは悩むところ。Taipei - P1170666  Taipei - P1170682

18:00
集合時間は18:40、そろそろ店を出て散策しながら駐車場に戻らなければいけない。
下の通路(階段)は激混み。これは大変。
Taipei - P1170684

意を決して店を出る。竪崎路をさらに登る。
Taipei - P1170713

将棋倒しが起きたら確実に死ねる。これまで事故はないのだろうか?
Taipei - P1170711

しばらく登ると十字路があり、左へ曲がると基山街。こちらも竪崎路方面へ行きたいが進めない人が止まってしまい、大混雑。Taipei - P1170719

しばらく進むとようやく普通に歩けるようになってきた。基山街は商店街っぽいかんじで、食べ物もいろいろ売られている。混雑していなければ食べ歩きしたい通り。
Taipei - P1170725

だが人の渋滞で時間をロスしたので、食べ歩きはせず道を進む。
Taipei - P1170734

私が歩いたのは以下のルート(反時計回り)。海悦楼茶坊を出てから駐車場に戻るまでに混雑の影響で40分ほどかかった。

18:50
帰りのバスに乗車、九份を出発。疲れて寝入ってしまう。

19:40
西門駅周辺に到着。トータル4時間10分!4時間半もかからなかった。

 

本当は竪崎路のもっと上にある阿柑姨芋円という台湾スイーツ屋にも行きたかった。

もし次にこの往復バスで行くとしたら、混雑のピーク前に竪崎路と基山街を見物し、少し戻って阿柑姨芋円で休憩し、竪崎路をひたすら降って駐車場へ向かうかな。阿妹茶酒館にも行ってみたい。

もしくは、九份に1泊して、朝や観光客が帰ったあとの九份を満喫したい。

夏至の場合、日の入りが18:45頃のため、夜景を見たいならばもう少し遅い時間に戻るツアーの方が良いかもしれない。

 

とにかく、帰りの心配のない往復送迎バスはおすすめ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です