2018 プーケット 0〜1日目

2018年2月のプーケット旅行のまとめ(0〜1日目)です。

0日目

18:00
東京駅から1000円で成田空港まで行けるバス「THEアクセス成田」で成田空港へ。
安いし快適。予約すれば900円の「東京シャトル」もあるけれど、乗り場が駅からちょっと離れている。

19:30
チェックイン後、回転寿司で何皿か食べ、プライオリティーパスで入れるラウンジでビール。
2018_phuket - P1000234.jpg

21:40
離陸。マレーシア航空、機体が古めでダンナ不満げ。

1日目

04:30
クアラルンプール国際空港(KLIA)着、そのままPlaza Premium Loungeへ。
2018_phuket - P1000239.jpg

ヨーグルト等をいただく。早朝なのでビールは飲まなかったが、バーのエスプレッソマシーンでカプチーノを作ってもらった。
焼きそばや寿司があったが、ダンナによると味は微妙だったらしい。
2018_phuket - IMG_6941.jpg
2018_phuket - P1000240.jpg
エアコンが寒くてウルトラライトダウンを着てウトウト。南国に行く時もウルトラライトダウンは必ず持参。ほんと便利。

09:50 のはずが10:20
遅れて離陸、プーケットへ1時間のフライト。
2018_phuket - P1000259.jpg

11:30
プーケット国際空港着。
費用の安いミニバス(180バーツ)のチケット売り場へ行くと、「あなたたちはあっちへ、無料になるよ」と言われ、別のカウンターへ行かされる。
話を聞いてみると、「アナンタラ・バケーション・クラブ」というタイムシェアのホテルのカウンターで、「プーケット滞在中に現地で90分の説明会に参加することを条件に予約しているホテルまで無料送迎する」とのこと。私たちもタイムシェアを買えそうな立派な中年に見えるようになったのね、と感慨深いが、元のカウンターに戻ってミニバスのチケットを買う。
ちなみにタクシーだとパトンエリアまで800バーツ。

12:00
ミニバスというか12人乗りのワゴンに乗り込む。
2018_phuket - P1000266.jpg

1時間程でパトンエリアに到着するが、各ホテルをまわるため、最後から2番目に降ろされた私たちがホテルに着いたのは13:20頃だった。

13:30
ホテル(The Crystal Beach Hotel)にチェックイン。(ホテルについての記事はこちら
シャワーを浴びたり、うだうだ。

15:00
近所のレストランで遅めのランチ。
2018_phuket - P1000305.jpg
2018_phuket - P1000294.jpg
2018_phuket - P1000295.jpg
2018_phuket - P1000303.jpg
2018_phuket - P1000304.jpg
空芯菜の炒め物が美味すぎて、この後毎食のように食べる。

16:00
巨大ショッピングモール ジャンクセイロンで涼みながら物価チェック。
2018_phuket - P1000312.jpg

ホテルに戻り、ダンナは昼寝。私は屋上のプールサイドでビール片手にガイドブックを読みながら、夕焼け待ち。
このホテルの屋上は最高!
2018_Crystal_beach_hotel - P1000328.jpg

18:15
もうすぐ日没。
2018_phuket - P1000347.jpg

19:00
日が落ちて涼しくなったので散歩。パトンビーチへ。思ったより静かで夕涼みのちょうどよい。
2018_phuket - P1000350.jpg

19:30
ふらりとタイマッサージへ。1時間200バーツ。
パトンエリアで見かけたマッサージ屋はほとんど1時間180〜250バーツ。真面目そうな揃いのユニフォームを着た若めの店員さんが多いお店、揃いのポロシャツを着た老若男女が働くお店、化粧の派手な女性たちが働くお店とざっくり3タイプあり、私はなんとなく3つ目は避けたい。

 

20:45
いちばん賑やかなバングラ通りへ。
2018_phuket - P1000357.jpg

ゴーゴーバーで気怠く踊る女の子たちを眺めながら、レストランを探す。
2018_phuket - P1000383.jpg
2018_phuket - P1000387.jpg

21:00
バングラ通りの突き当たり(ジャンクセイロン側)に近いところに、屋台街があったので、そこで食べることにする。
明朗会計。ビールも買える。トイレもあった。
2018_phuket - P1000397.jpg
2018_phuket - P1000391.jpg
2018_phuket - P1000395.jpg

初日なので、腹を壊さなそうなパッタイ、春巻きとエビフライのセット、マンゴーともち米のデザート(各100バーツ)とビール。
2018_phuket - P1000402.jpg
2018_phuket - P1000401.jpg

ちょうど伝統音楽の演奏が行われており、贅沢な時間となった。
白人のよちよち歩きの子供がずっと踊っていて、演奏者の方々が嬉しそうだった。
2018_phuket - P1000405.jpg

22:30
ぶらぶらしてホテルへ戻り、翌日のピピ島ツアーの準備をして就寝。

2日目に続きます。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です