小石川植物園の紅葉

六義園から2.5kmほど歩いて小石川植物園へ。

小石川植物園は東京大学が所有する施設で、
園内には植物分類標本園があったり、

メンデルが研究に使ったブドウの分株や
ニュートンの家にあったリンゴの分株があったりして面白い。

でも本日の目当てはイロハモミジの並木。

だが今年は片側が工事中で少し残念な景色。





こちらは植物園の横にある東京大学総合研究博物館 小石川分館

以前は古めかしい標本などがたくさんあった記憶があるのだが、
今は丸の内のKITTEの分館(インターメディアテク)にある気がする。

ル・コルビジェのソファーでひと休憩し、次はサムギョプサルを食べに新大久保へ向かいます。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です